4/2 クリープハイプモバイル会員限定ツアー「秘宝館」〜満開栗の花〜

f:id:osk7:20170405034653j:plain
クリープハイプのライブ、初参戦でした。

物販開始時間の15時ちょい過ぎに行ったら、
既に結構並んでて、復刻歌姫Tシャツ買えるかヒヤヒヤしたけど無事買えました。よかった。
一時間も並ばなかったかな?

f:id:osk7:20170405034244j:plain
ショッパーかわいくてテンション上がった。

買い終わって帰る途中、雨降ってきたりして
天候が心配だったんだけど、通り雨だったみたいで
開場前の整列の時はいい天気でよかったです。
日陰と風がメチャメチャ寒かったけど。


f:id:osk7:20170622064437j:plain:w200
(色々と)衝撃的すぎて震えた整番。
もしかしたら最前行けるんちゃう?と調子に乗ってた自分は甘かった。

下手寄り2列目に陣取る。

スタッフのお兄さん「皆さまもう十分詰めてるとは思うのですが、嬉しいことにお客さんがいっぱいで、あと150人くらい入るのでもう半歩ずつ詰めてください〜!」
まあ、ライブハウスはギュウギュウにするもんだしな〜と
思いながら後ろを振り向いたワイ「やばい」

スタッフのお兄さん「ライブにあまり慣れてない方!前の方は戦いです!!自信が無い方は後ろに下がってください!!」
前は戦争ですって2〜3回ほど言われて、
ワイ、本格的にやばいんじゃないかと思い始める。

ライブハウスでのライブは何回か経験したけど、
前列だったからなのか、センター〜下手寄りっていう
比較的ガチな人が多そうな場所だったからなのか、
こんな激しい押しは初めてでした。
ライブキッズやべぇよ……
最前の人が可哀想なくらい柵に押し付けられててヒィッってなった。

最終的に、センター寄り4列目になってました。
まさか、ライブ終わったあとの立ち位置が
ライブ開始直後より後ろになるなんて思わないじゃん??

汗だくで揉まれながら尾崎さんを見上げた時、
なんかもう炊飯器の中のお米の気持ちになりました。



セトリ

01.HE IS MINE
02.社会の窓
03.あの嫌いのうた
04.リグレット
05.蜂蜜と風呂場
06.ホテルのベッドに飛び込んだらもう一瞬で朝だ
07.白い子
08.空色申告(方言ver.)
09.風にふかれて
10.ただ
11.ねがいり
12.君の部屋
13.愛は
14.鬼
15.は?
16.ウワノソラ
17.5%
18.ex.ダーリン
19.イノチミジカシコイセヨオトメ
20.手と手

EN1.イト
EN2.愛の標識

開始前に門出船出。
何が始まったのかと思った。
この方達が噂の門出船出さんね…!

\福岡名物食べたー?/
小泉「赤のれんでラーメン食べた」
\バリカター?/
「普通の頼んで、食べてから硬いのにすればよかったって話をした笑」
\替え玉はー??/
「俺らおじさんだからもう食べれんの笑
結構お腹いっぱいになっちゃった笑」

リズム取りながらドラムセットに向かう拓さんが可愛かったです。

あー、今日はほんとにめでてぇなー!


この言葉、普通に生きてりゃなかなか大声で言う機会ないよね笑
ってことで、叫んできました。
今度会ったら\セックスしよう!!!/


尾崎「福岡、すごくいいね
今までいっぱい回ってきたけど、一番いいよ。今の所は笑
序盤はすごい盛り上がってる。序盤は。笑
まだまだこれから、化けの皮が剥がれてからが楽しいですから。
この調子で最後までイッてください。孕んでください。産んでください。子孫残していこう。」

尾崎さん過激。煽るね〜〜

長谷川「初めて福岡でライブしたのが四年前で、
とーるがその日が初出勤で、
そんな思い出が…思い出しますね。
思い出を思い出します。」
尾崎「とーるの話とかしなくていいよ笑」

カオナシさんゆるい。
そして、白い子は初めて聴いたけどめちゃめちゃ好き……
それこそ、カオナシさんにしか歌えない世界観だよね。

(空色申告方言ver.について)
「この間は失敗しちゃったので、今回は頑張ります」
KAWAII


尾崎「今日は、始まる前までほんとに最低な気分で、
でも、ライブ始まったらそんな気持ち飛んでいって楽しくて仕方がなくて、
クソなこととか、頭下げたりとか、
前に出ていわなきゃいけないこととかあるけど
それも全部ここに繋がってるなら、頑張ってやってやろうかな、と思います
そんな気持ちを込めて」
→ねがいり

「バラードだから色々考えて、
その結果歌詞間違えて、“もうしても”ってなんだよ笑って」

尾崎「最後の2曲になりました。
嫌だな、東京帰りたくねーな」

尾崎さんちょいちょいネガティブな発言してて心配になった。
楽しかったことをした後の辛さ、それを感じてるような。


長谷川「ステージ立って、高いところは苦手なんですけど、
今日はそういうのが無くて、それは皆さんのおかげなのかな、って思います」
「でも長いことライブやってますけど、間にはずっと慣れないです」
尾崎「それはお前が作ってるんだよ」
(変な間)
長谷川「今の間も俺のせいですか」

かわいかった…笑
いかにも“僕”って言いそうなカオナシさんの“俺”の破壊力よね


尾崎「また福岡に戻ってこれるように、
迷わないように、道標になってくれるように」
→愛の標識

「君の故郷を代表するあのとおりもんは」
単純だけど、こうして歌詞に地元のもの入れてくれるとぶち上がるよね笑

「死ぬまで一生愛されてると………思っててもいいですか」
「死ぬまで一生愛されてると思ってるよ」

その問いは…卑怯だ……
死ぬまで一生愛していたいよ……



ライブ終わってメンバー退場後、みんながわやわやしてるから、
なんやなんやと思って2階見てみたら投げキッスする尾崎さんが。
あなたそういうことする人だったのか!!!

「ありがとう」って言葉もすごく言ってた。
歌い方も、好きな人にはたまらんだろうなって歌い方(舌出したり目を見開いたり)で、
私ガチ勢だったらヤバかったな。


クリープは、どちらかというと曲だけ追いかけてるバンドなので、
(特典のDVDとかTwitterとかは見てたけど)
今回初めてメンバーの中身の深いところまで触れた感じでした。

私が彼らのことをもっと知っていたら、
もっと深い言葉の受け取り方が出来たのかもしれない、
曲の感じ方も違ったかもしれない、
と思ったり。

もっと本人達を好きになりたいな、って思いました。

ほら、メンバーの人間性まで好きになって
写真見るだけで興奮するようになったらそれはもう戻れない沼……


しかし、前列にいると落ち着いて曲なんて聴けない。学びました。